ダンストールタイプP/Sマフラー


漆黒に浮かぶ名城、木造への建て替え計画が模索されている中

鉄筋コンクリート造りの名古屋城を眺め憂いでみた。



さあ今日は陽だまり堂の配達車であるHONDA CD125T 

先日のクラッチ不良から無事生還しておりました。

さらにキャブレターのオーバーホールも

同時にやってもらったお陰で

すこぶる快調な 2気筒 360度クランクを

持つ見た目以上に高回転なOHVエンジン。

しかし、まだまだ完璧ではない現状に満足がいかないのが、

それは左側マフラー内部の劣化により

部材が外れてしまっている様子だったこと。

走行中にギャップを拾うとマフラーの中でガチャガチャと音がして

排気圧の乱れによりバックファイヤーを起こしていたり

カーボンの蓄積により左側だけ異様な白煙を吹いたり

これを解消すれば次のステップである

サスペンション関連のモディファイに着手できる。



サイレンサーの交換にCD125Tのオーナーたちがよく使う方法として

純正マフラーのエキパイの流用がありますが、

このCD125Tの2本出しマフラーの後ろ姿が美しいので

その雰囲気を壊さずに外観はまるでどノーマルだけど

お洒落な低音の響く排気音にしたいということで

僕の迷わず純正マフラーの流用で進めていきます。


チョイスしたのはR-PRO CAMPANYのダンストールタイプP/Sマフラー

その理由はインナーサイレンサーの取り外しができるので

グラスウールやバッフルなどを使って排気圧の調整が可能である点と

メガホンマフラーのようなアウトラインが野暮ったくて

CD125Tの野暮っい雰囲気に似合いそうな

イギリス製ダンストールのレプリカマフラーであること

そして付属のスペーサーを使用することで 35π のエキパイに合わせられる

この3点から試しに使ってみることにしました。



早速、位置決めのために新旧のサイレンサーを比べてみました。

マフラーエンドのビート部分の直径はどちらも同じですが

マフラーエンドの直径が全くと言っていいほど違って

ダンストールレプリカマフラーはストレート構造の直管状態

インナーサイレンサーにはパンチングされている上に

グラスファイバーが巻いてある迫力のあるマフラーです。



こんな作業をするのもバイク屋に預けたまま

置き去りになっている YAMAH XT200の

キャブレターオーバホールをしたとき以来だ。

まずはエンジン側のフランジとナットを取り外します。



外したフランジと袋ナット、フランジスペーサー

フランジスペーサーなんてサビと汚れでガサガサ

真鍮ブラシを使ってしっかりサビを落とし

サビのまわりを軽減しておきます。

本当なら耐熱スプレーなどで塗装をして

サビの発生を抑制してから使うべきかな。



ご覧の通り排気ポートは煤で真っ黒

こりゃエンジン内部にもカーボンの付着が凄そうだ?

来年あたりにはエンジンの完全なオーバーホールをしちゃいたい。

エンジンの冷却フィンもアルミの腐食がかなりキテます。

ブラストに出すか新品のシリンダブロックにしたいな。

まあこんな風にいつまでたっても欲は止まりません。



新旧のマフラーをよく見比べていると

純正マフラーのビートがあまり

綺麗ではないことが見て取れます。

ダンストールレプリカマフラーは

台湾製だと聞いたことがありますが、

メッキの質もとてもよく輝いています。



エキゾーストガスケッは古い方がペッチャンコ

これは締め付けすぎでしょ!適度で締め込まないと

このエキゾーストガスケットエキゾーストガスケットは

簡単に潰れてしまう柔らかい銅製なので

しっかりと固定できて排気漏れを起こさない程度に

ナットを締めこむ必要があります。

ペッチャンコになるほどきつく締め付けると

ガスケットが取れなくなったり

潰れたガスケットが排気の邪魔をしたりしてしまいます。



さあさあエキパイをぶった切る時間がやってまいりました。

これをやってしまったらもう後戻りはできなくなるので

この瞬間は毎度いつも緊張しますね〜



サクッと完了



液体ガスケットはパーマテックス 耐熱シリコンガスケット

ウルトラカッパ RTVシリコンを使用しました。

理由は特にありませんが高温度まで耐性のあるものをチョイスです。



固めで使い易い液体ガスケットでした。



まずはエキゾーストパイプをエンジンに仮付けし

エキゾーストガスケットとスペーサーとフランジを

きっちりを組み込みます。



右エキゾーストパイプはリアブレーキペダルの上を通り

パイプとペタルのアームとの隙間もかなり狭いため

位置決めを入念にしました。



完全に写真の撮り忘れでいきなり完了写真・・・

マフラーの固定ステーは純正のものをそのまま使用しましたが

2本出しマフラーはマフラーエンドの左右の高さが

バラバラになりがちでその高さ調整をするために

右側のマフラーステーのボルト穴を広げてました。


センタースタンドはゴムブッシュを移設して

マフラーへの干渉を無くし、サイドスタンドは

サイドスタンドの稼働部分に細工をし

マフラーへの干渉を抑えています。


ちなみに排気圧がかからなすぎでかなり抜け気味な感じ

排気音は125cc とは思えない重低音の

効いた爆音仕様になっております。

アクセルも中間から全開までに

レスポンスを感じないようになってしまったので

まだまだ課題が残っているようです。


小雨の中様子見でちょっと走りに行き

しっかり回してガレージに帰還

プラグを確認してみるといい焼け色の上に白く焼けている様子。

やはり抜けすぎによる混合気が薄くなっているみたいです。


次は低速であまり回転数を上げずに走行しプラグの様子を見ます。

この場合はなかなか理想に近い焼け具合でもほんの少し白っぽい

これからの季節を考えるともう少し濃い目の方が良さそうだ。


まずがマフラーの排気抵抗を作って排気圧を稼ぐ方法を考える。

とりあえずはグラスウールの量を増やし

マフラー内部の容量を調整して様子を見ようかな。

最終的には R-PRO COMPANY から出ている

インナーサイレンサーを装着することになるかな。




0コメント

  • 1000 / 1000